自宅サロンのメリット・デメリット

ネイルサロンを開業しようと思ったときに、自宅で開業する方法と、店舗を借りて開業する方法の2つの方法が考えられます。ここでは、自宅サロン開業するにあたっての、メリットとデメリットについて考えてみましょう。

開業費用が安い

自宅サロンを開業するメリットは、なんといっても開業費用がかなり安く抑えられるということに尽きます。

店舗を借りるとなると、100万円以上余裕でかかってしまうこともありますが、自宅の一室をサロンにするということであれば、店舗を用意する費用は、最安で0円。リフォームなどが必要だということであれば、それなりの費用がかかってきますが、それでも店舗を借りて内装を施すよりも、かなり低い資金で済ませることが可能です。

通勤時間0

次のメリットは、通勤がない分時間を有効に使えること、通勤によって仕事ができない、ということがないという点があります。自宅がサロンから遠いと、お子さんがいた場合に保育園の閉園時間に間に合わないため、仕事ができないというケースが多いようです。

これはほかの業種でも多いのですが、ネイルサロンの場合は、一般企業のOLさんが終業後に立ち寄ることができる営業時間を設けているところが多いので、より帰宅が遅くなる可能性も。そうなると仕事自体ができないということになりかねません。

しかし自宅サロンであれば、通勤の必要がないので、最寄りの保育園まで迎えに行くことが十分に可能です。また営業時間を自分で決めることができるのですから、お迎えに間に合わないということはまずないでしょう。

集客が難しい

逆に自宅サロンのデメリットとなると、場所によっては集客がしにくいことなどが挙げられるかと思われます。

住宅街の場合、主婦層などをうまくつかむことができれば、それなりの集客が見込めますが、主婦はお金を自由に使えないことも多いので、ネイルにまでお金をかけられないという方も多いです。

住宅街だとOLさんが会社帰りに気軽に立ち寄る、ということも難しいでしょうから、客層や入店者数が限られてしまう、というのは、これからバリバリ働きたいという方にはデメリットであるといえます。

これらのメリットとデメリットを十分に検討し、デメリットの回避策を考えた上で自宅でのサロン開業を行えば、十分に自宅サロンでもある程度の収入を得ることは可能かと思われますので、頑張ってみてください。