JNAネイル技能検定試験

ネイル検定の中でもっともメジャーな資格

JNA(日本ネイリスト協会)の運営するJNAネイル技能検定試験は、ネイルにおける基礎知識や技術を検定する資格です。
数多いネイル検定の中でも一番といってよいほど知名度の高い資格で、ネイルの資格を取りたいと思ったら、まずはこちらの検定を受験する、という人がほとんどであるといっても過言ではありません。

検定は3級から1級まであり、1級が一番レベルの高い級になります。
3級は公式テキストを購入し、独学で学んでも合格できる人も多いといわれていますが、1級になるとかなり難易度が高く、経験を積んだネイリストでない限り、独学での合格は厳しいようです。

JNAネイリスト技能検定試験は通信講座での学習方法などが数多く展開されていますが、1級の場合は通信でも心もとないということで、スクール似通って学ばれる方も多いのだとか。

試験内要

気になるそれぞれの試験内容は、すべてが学科と実技で構成されています。
学科の場合、3級は爪の衛生や構造について、そのほかネイルケアや爪のトラブルなどに関する問題が出題されます。

2級もこれと重複する内容の問題が出題されますが、それに加えてエクステンションの施術についてや、実践に関する問題など、出題範囲が増えます。
1級は2級と出題範囲は同様ですが、より奥深い内容の問題が出題されるようです。

実技は、3級だとテーブルセッティングや事前に施したモデルのネイルチェック、ネイルケアやカラーリングなどの課題となります。
2級はそれに加えてチップやネイルアートの課題が加わり、1級はさらにエクステンションなどの課題が加わります。

どのネイル検定も共通して、実技試験における必要な道具はすべて自分で用意し、持参します。
モデルにおいては検定によって異なりますが、JNAネイル検定試験の場合、モデルも自分で手配し、事前にカラーを塗って試験に臨む流れとなっていますので、準備もなかなか大変です。

ネイル道具は、現地で不具合が起きてしまうと代替品の貸与などはありませんので、自分でしっかりと準備しなければなりません。
3級だと赤のポリッシュを必要としますが、使い慣れたポリッシュを開封済みのもの、未開封のものと2つ用意し、プラス別メーカーの赤いポリッシュも用意してくくらいの慎重さが必要です。
リムーバーにおいても、現地でポンプが壊れてしまうなどのトラブルに遭わないよう、あまり安価で壊れやすいものは持参せず、ある程度安定して使用できる良質なものを選ぶことをおすすめします。