開業の準備は何をすれば良い?

自宅でネイルサロンを開業するにあたり、どのような準備が必要になるでしょうか。こちらのコンテンツでは、開業の準備で必要なことについて、いろいろと調べてご紹介しています。

参考サイト:ネイルサロン開業までにしておくこと

主流はジェルネイル

費用や手続き、集客方法などについては、こちらの別の項でご案内したいと思いますが、ネイルサロンを開くにあたり、道具はどのくらい用意しておけばよいのか、ということが気になる方も多いのではないかと思います。

最近は、施術というとジェルが主流になってきていますので、ジェルしか行わないと名言していれば、ポリッシュの用意は必要ないという考えの方もいらっしゃいます。

まずジェルにおいては、客層に合わせた色味を揃える必要がありますが、さまざまな客層を予想しているのであれば、できるだけ幅広い色を揃えておいたほうがよいかもしれません。

例えば、OLさんなどはベージュやピンク系を中心としたネイルを好む傾向にありますが、10代や20代前半の方だと、明るい色のドット柄や、ユニオンジャック柄などにしたいという方もいらっしゃるかもしれません。

こうした要望に幅広く応えられるよう、ジェルにおいてはよりたくさんの色味を揃えておくことをおすすめします。

ポリッシュについて

ポリッシュが必要になるかもしれない、とお考えの方は、ベージュやピンク系の色味を10本くらい、あとラメを数本揃えておくとよいでしょう。ラメはジェルの逆フレンチのラインなどにも使うことができますので、ポリッシュでも活用できます。

ちなみにポリッシュを施してほしいといらっしゃるお客さまは、ブライダルなどそのときだけネイルをしたいという方が多く、また用途も限られているので、あまり奇抜な色は必要ないようです。

自宅サロンの場合は、大手のサロンほどの集客はないと思われますので、大手と同じだけのジェルを揃える必要はありません。

また、サロンを開業するまでに、すでに自分のおこのみの色をかなり揃えていらっしゃるかと思われますので、それらの色に、プラス持っていない色を足すくらいでよいでしょう。

ジェルやポリッシュなどをどのくらい揃えればよいかというのは、かなり悩んでしまうところかと思われますが、開業時に何名かの施術を行い、色味の傾向を確認してから追加で揃えていくというのでも十分だと思われます。

せっかく購入しても、まったく使用しないというのはもったいないので、ジェルも十分に検討されてから揃えるようにするとよいですよ。

ネイルサロン開業の費用(作成中)

ネイルサロン開業に申請は必要?(作成中)

自宅サロンの集客方法(作成中)