ネイルサロン開業の費用

ネイルサロンを開業する際には、その規模にもよりますが店舗を借りるとなるとかなりの費用がかかると思われます。

まず店舗の費用として、敷金と礼金、仲介料がかかります。
敷金は事業用物件の場合、3ヶ月から6ヶ月分を納めなければならないのが一般的ですので、例えば家賃が10万円の物件で敷金を6ヶ月分納めなければならないとなると、敷金が60万円、礼金が2ヶ月分で20万円、仲介料が10万円として、店舗を借りる費用だけでなんと90万円ものお金がかかるのです。

ただ、敷金を6ヶ月分納めなければならない物件は飲食業などに使用する場合が多く、ネイルサロンのような大きく物件が汚れることのない事業になると、3ヶ月分でもOKというところもあります。
礼金を値切ることも大家さんによっては可能なので、ある程度コストを抑えることはできるかもしれません。

店舗を借りたら、内装費もかかります。
何か美容サロンなどをやっていた物件であれば、ある程度それなりの内装となっているかもしれませんが、まったく異業種を営んでいた物件や、何年も空いていた物件になるとかなり内装に手をかけなければならないこともあるので、その費用についても数十万円は見ておいたほうがよいかもしれません。

次にサロンをデコレーションするインテリア用品などにもお金がかかります。
照明や待合室のソファにテーブル、小物類、キャビネットや棚など、こだわればこだわっただけの予算がかかってきます。
逆に、あまりこだわらないということであれば、そこまで予算はかなりません。

一番のメインとなるのが、施術用具。
ジェルやUVランプ、ブラシなど、施術に必要な道具をひと通り揃えなければなりません。
すでにネイリストとして長く働いていた方は、ある程度の道具は揃っているかと思われますので、大きな出費はないかと思われますが、これまでは個人で使用していたポリッシュも、サロンで使うとなるとたくさんの色を揃えなければならないので、それなりの出費は覚悟しておいたほうがよいかもしれません。

またサロンによっては、顧客がたいくつすることのないように、TVやDVDプレイヤーを用意したり、ステレオを用意して音楽を流したりしますので、それらのAV機器についてもお金がかかります。
CDやDVDの手持ちがないという方は、メディアを購入する必要もありますので、その分の予算が上乗せされます。

これらのことを踏まえると、店舗を借りてサロンを開業するには、少なくとも200万円以上は用意しておいたほうがよいかもしれません。
またサロンがすぐに繁盛するとは限らないので、できれば運営資金もプールしておくのがベストです。