ネイリストの現状

昔はネイルというとマニキュアでしたので、ネイルサロンにわざわざ行かなくても自分でマニキュアを購入して塗れば、ある程度の爪のおしゃれを楽しめました。
ネイルサロンでマニキュアをお願いして、アートなどを楽しまれる方もいらっしゃいましたが、今と比べるとシェア率は断然低かったのではないかと思います。

しかしジェルネイルが普及したことによって、ネイルサロンの需要は非常に高まり、今ではかなりの数のネイルサロンが存在していますし、ネイリストとして働く人も年々増えています。
ジェルネイルの道具を自分で購入し、セルフネイルを楽しまれている方もいらっしゃいますが、利き手の施術がうまくできないということもあってか、まだセルフネイルをされている方はごく一部のようです。

現在ネイルサロンやネイリストはとても需要が上がっています。
ネイルサロン自体の件数もとても増えてきていますし、ネイリストを目指す人もとても増えていますが、それでもジェルネイルをこれから始めたいという人がたくさんいるので、まだまだ需要は高まるのではないでしょうか。

ネイルサロンが密集している地域も多いため、施術の価格競争などは避けられず、薄利多売になっている感は否めませんが、それはどの業界でもおそらく同じ。
ネイルにおいては経費などを考えると施術費にかなりの利益を乗せているので、多少価格を下げてもまだまだ十分な利益を得られるのではないかと思われます。

ネイルにおいては美容師のように、国家資格などを取得していないと施術ができないということではありませんので、無資格でも技術せあれば十分にネイリストとして活躍することができます。
しかし最近は、大手ネイル協会などが大きな規模で資格の運営を行っているため、資格を取得するネイリストが増えてきました。

そのため、本来は無資格でもネイリストとしての活動を行うことができるはずなのですが、やはり有資格者と無資格者を比較したときに、有資格者に軍配が上がるのは避けられず、より一流のネイリストとして活躍したいのであれば、資格を取得することが望ましいという傾向にあります。

これからネイリストを目指す方であれば、ネイル関連の資格をできれば上級まで取得し、それからネイリストとしての修飾を探す方が、より効率的に、かつより一流のネイルサロンで働くことができると思われます。
需要が伸びていることと比例して、ネイリストの質についても上がってきていますので、より自分をアピールできる状態にしておくことが重要です。