ネイリストの面接対策

未経験の方はもちろんですが、転職者の方でも、サロンで働く上で面接は避けられないもの。
また経験がある方でも、面接の際のポイントというものをしっかり抑えておくことで、採用されるかどうかの確立に違いが出てきますので、ここでネイリスとして働くための面接対策について考えてみたいと思います。

面接とは少しずれるかもしれませんが、ネイリストとして働く上で、もっとも重要なのは「ビジュアル」であるといっても過言ではありません。
ですので、面接の際は自分をよりきれいに、かわいく見えるように意識して臨まれることをおすすめします。

技術職などは、特に働く人の見た目は関係ないので、言ってしまえば容姿の醜い方でも、実力があれば採用されます。
ネイリストも施術技術を必要とする仕事なのは同じですが、美容関連の仕事であるという点に、大きな違いがありますよね。
例えば、エステサロンに美顔の施術を受けに行き、いざ施術をしていただくことになったときに、あまりに肌が悪い人の施術を受けることになったら、「本当に大丈夫なのかしら」と思ってしまいませんか。

ネイルは爪の施術を行いますので、肌などはあまり関係ないのですが、やはりおしゃれに鈍感で、容姿に華のない方だと、施術を受けるお客さまからの印象は悪くなってしまいます。
こうしたことを採用するサロン側は熟知していますので、見た目を整えておいて損はありません。

実際に、ネイルスクールなどで一緒に学んだネイリスト志望の人を、自分が働くサロンなどに何かのきっかけで誘いたいと思ったとき、必ずといってよいほど、見た目の整っている人に声がかかります。
美容関連の仕事はどの業界でも同じかと思いますが、外見は少しでも美しく見えるようにしておきましょう。

実際の面接では、自分の得意とするデザインをアピールできるとよいと思います。
地域によって客層が異なり、サロン側でよくオーダーされるデザインも異なってきますので、サロンでよく出るデザインをリサーチしておき、それらのデザインを習得しておくと採用に繋がりやすいです。

あとは接客業ですので、面接の際も明るくハキハキと質疑応答を行うこと。
自分はどのようにサロンに貢献することができるか、ということもアピールできると、より採用に繋がりやすくなるかと思います。
人気のあるネイリストをサロンに出向いてチェックして、参考にさせていただきながら、面接対策に活かしてみるのもひとつの手です。