独学でネイリストになれる?

ネイリストになりたいけれど、独学でもネイリストとして活動することができるだろうか、と考える方は多いのではないかと思われます。

ほかの項でも触れましたが、ネイリストには必ず取得しなければならない、法律で義務付けられているような資格はありませんので、自分でネイルの施術を学んで「ネイリストです」といってしまえば、それが通用してしまう世界です。
資格を取得した場合でも、サロンなどで従業員として働いて実務経験をつけることなく、自分でサロンを開業してしまっても、それで罰せられることなどはありません。

しかし、まったくの独学でいきなりネイリストとしての活動を行ってしまうのは、顧客に満足していただける施術を施すことができない可能性も高いですし、さまざまなトラブルやクレームをスムーズに対応する術などがないため、円滑に運営できない可能性もあります。
ですので、まずはネイルの施術において顧客に不安を与えることのないよう、資格を取得して知識をしっかり身に付け、サロンワークで接客やトラブル対応、その事例などについて体で学ぶことは非常に重要だと思われます。

最近は、ネイルスクールで学んだあとに、すぐに独立をしようとする方が増えているようです。
ひと通りの施術は学んでいますので、問題ないといえばないのかもしれませんが、果たしていきなり独立をして、本当に顧客に満足していただける施術を施すことができるでしょうか。

サロンワークを経験した人でも、独立後にどこか心もとない施術を行う人は割りといらっしゃいます。
細かい処理をきちんとしていないために、もちがあまりよくなかったり、すぐに浮いてきてしまったりという施術をしていては、顧客はついてきてくれませんし、何らかのトラブルが発生したときに正しい対処をすることができないと、最悪のケースでは訴訟問題に発展してしまうことも。

サロンワークを長く続けていても、独立のタイミングというのはなかなかつかめないものですが、やはり自分も他人も「これなら大丈夫」と認めてくれるようになって初めて、一人前のネイリストになったといえるのではないかと思います。
資格をとったからといってネイリストと名乗ることはできませんし、サロンワークを少し経験したからといって、一人前とはいえないのです。

今独学でのネイリストへの道を検討している方は、できればスクールなどに通ってプロからネイルについての知識を学び、その上でネイリストとしてサロンワークで働くという流れをたどるほうが、よりスムーズに、かつ質の高いネイリストになれるのではないかと思います。