ネイリストの資格

別の項でも少し触れましたが、ネイリストとして仕事をしていく上で、必ずしも資格を取得していないといけないということはありません。

まつ毛エクステという施術がありますが、まつ毛エクステは以前までは特に資格を取得していなくても施術を行うことが可能でした。
しかしその後、施術における事故が多発したこともあり、現在は美容師の資格を習得していない人は、施術ができないという決まりになっています。

ネイルにおいてはまだこのような法律はできていませんし、ネイルに関する国家資格も容易されていないので、働けるサロンがあれば、無資格でも十分にネイリストとしての仕事をすることが可能です。
とはいえ、最近はネイルの資格を取得している人がとても多いという現状もあります。

未経験からネイリストを目指す人は、ネイル関連の資格を取得してから就職を探しますし、すでにネイリストとして活躍している方も、自分の技術レベルをアピールできる方法として、資格を習得されているようです。
未経験の方においては、資格試験の勉強に則ってネイルの学習をすることにより、より効率的に学びを深めることができるというメリットもあります。

有資格者が増えることで、ネイリストを採用するサロン側も有資格者を優先的に採用する傾向にありますので、法の上では無資格でも問題なくても、現状は資格を取得していない人は仕事に就くことが難しい、という状態にあるようです。

ネイルの資格はいくつかありますが、JNEという団体が運営しているネイル技能検定は、多くの受験者がいるといわれています。
ネイル技能検定を取得してから、別の団体が運営しているネイリスト技能検定試験を受ける場合、免除科目などもあることから、まずはネイル技能検定を受けるという人が多いのだとか。

こうしたネイルの資格は、ネイルの技術だけではなく、爪の組織を含めた人体学、衛生関連の問題なども出題されるので、よりしっかりと爪やネイルについての知識を自分のものにすることができます。
実際に受験してみるとわかりますが、これらの学習をしている人としていない人では、施術面はもちろん、その他の面でもサロンで働く上で大きな差が出てくるのではないでしょうか。

こうしたことから、ネイルの資格については、取得しておくほうが望ましいということになるでしょう。
法律で決められているものではなくても、仕事をする上での現状を踏まえた場合、資格を取得した上で働く、ということがネイル業界でも一般的になりつつあります。