ネイリストの仕事内容は?

ネイリストの仕事は、まずお客さまのネイルをきれいに整えるまでの一連の施術が、メインの業務となります。お客さまの爪のタイプはその方によって違うので、顧客の爪に合った施術を行わなければなりません。

デザインを施す

例えばデザイン。ポップなデザインが好きな顧客もいらっしゃれば、ベージュを基調とした上品なデザインが好きという方もいらっしゃいますので、それぞれのタイプに合わせたデザインを考え、施術を行う必要があります。

顧客が具体的にデザインについての指示をしているのならよいのですが、だいたいの好みを伝えた上で、あとはおまかせということもありますので、その人に応じたデザインを瞬時に考え、施術する能力を磨きましょう。

また、爪が薄い方は、サンディングの力が強すぎると、痛い思いをさせてしまうことになります。ジェルを乗せるときも、爪が折れにくいようにジェルを厚めに乗せるなどの工夫が必要となりますので、ネイリストはただ施術を行えばよいというわけではなく、かなり奥が深い技術を必要とするのです。

ケアも大切な仕事

そのほか、ハンドケアやフットケアなどの施術を行うのもネイリストの仕事。サロンによってはまつ毛エクステの施術も行っているところがありますので、美容師の国家資格を所有している方は、まつ毛エクステの施術を行う可能性もあります。

但し、サロン内のネイル以外の施術については、事前の契約などにもとづいて行うことになるかと思われますので、必ずしもまつ毛エクステサロンを併設しているからといって、国家資格を取得して施術を行わなければならない、ということではないと思われます。

サロン内の諸業務

こういった施術関連以外のこまごまとした仕事として、サロン内の清掃や、備品の補充と発注、その他サロンスタッフへの指導なども、ネイリストの大切な仕事です。

ベテランのネイリストは、技術面の指導を後輩のネイリストに行うこともありますので、就業後に研修時間を設けることも。さらに衛生士関連の資格を所有しているネイリストは、衛生管理の業務を行います。

ネイリストの仕事は、施術が大部分を占めるものの、その他の業務についてはかなり多岐に渡りますので、多方面からサロン内を把握して、仕事を進めていく必要があります。ほかの職業でも、メインの仕事の他に雑務などはあると思われますが、ネイリストにおいてもそれは同様。

こまごました仕事も、サロン運営においてはとても重要なものになりますので、ひとつひとつの仕事に手を抜くことなく真剣に取り組む必要があります。