ネイルサロンのメリット・デメリット

ネイルサロンに勤務している方のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

量をたくさんこなせる

まずメリットは、たくさんのお客さまの施術を行うことで、自分の技術力をどんどん上げていくことができるという点が挙げられます。ほかの項でも少し触れましたが、自宅サロンの場合は集客が限られてしまうので、店舗のサロンのようにたくさんの方の施術を行うことができません。

まだ駆け出しのネイリストだと、よりたくさんのお客さまの施術を行って、デザインの引き出しを増やし、質の高いネイルを施せるようになることが最重要ですので、一日に何人もの施術を行えるというのは、大きなメリットだといえるでしょう。

街に出る楽しみ

次に、繁華街などに位置するサロンの場合は、仕事後に友達や彼氏と会ったり、買い物ができたりなどの楽しみがあるというメリットがあります。自宅サロンの場合は、通勤がない分一日家にいることになりますので、人によっては息が詰まってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

仕事仲間と出会える

店舗のサロンであれば、数人のスタッフで運営されているので、スタッフ同士で会話を楽しむこともできますが、自宅サロンだと1人で運営しているケースがほとんどなので、来客がなければ、誰とも話さないまま一日が終わってしまう、ということも。
こういった点も、店舗のサロンと自宅サロンでは大きな違いがあり、それぞれのメリットとデメリットになりますよね。

勤務時間に融通が効かない

サロン勤務のデメリットは、自分の好きな時間帯で働くことができないので、サロンのシフトに合わせて予定を組まなければならない、ということがあります。

お子さんのいらっしゃる方は、子供の行事などでちょくちょく予定が入ってしまうことがあるかと思われますが、サロン勤務だと突然シフトを変更することができないので、最悪の場合は行事に参加できない、ということも。

そのほか、友達と予定を合わせることも難しかったりするので、こういった点はデメリットであるといえるでしょう。

そのほか、サロンでの人間関係が悪いと、余計なストレスを受けてしまうこと、自宅からサロンが遠いと通勤時間でプライベートの時間をかなりロスしてしまうことなども、サロン勤務のデメリットかもしれません。

とはいえ、サロン勤務ではデメリット以上にさまざまなことを学ぶことができますので、ネイリスト経験の浅い方は、まずはサロン勤務で実力をつけていくことをおすすめします。